カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
検索
カテゴリー
  • カテゴリーなし

現状把握

こんにちは。
僕は今、妻と3歳の娘と生後3ヶ月の息子がいます。
僕が住んでいるのは、僕の父が建てた築30年の木造住宅。
父も母も健在で、自分達の孫が可愛いのか子供たちの相手をよくしてくれています。

そんな一家6人が住むこの家ですが、そろそろ限界かもしれません。
6人もいるんだし、思い切ろう!と思い切ったところまでよかったんですが……。
――家屋解体して新築するのとリフォームってどっちがいいんだろう?

リフォームのほうが安くつくイメージはありますが、どうせやるなら家屋解体を頼んでしまって新しくしてしまったほうがいいんじゃ?とも思います。
家屋解体とリフォームのどちらがいいかは、まず家の状態を把握してから決めるべきのようです。
目立って傷んでいるような箇所が見受けられるなら家屋解体を頼むほうがいいかもしれないようですので。
逆に言えば、そういう老朽化が見られないのであればまだまだ土台が生きているのでリフォームのほうが手っ取り早くて安いでしょう。

中には、建て替えをしたいのに、法によって建て替えが不可能な土地まであるようです。
建て替えはできても、以前より小さな家しか建てれらないということもあるらしいです。
幸い僕の家はそういう土地ではなかったようです。

関連リンク

板橋区にお住まいでリフォームをお考えなら/リフォームガイドブック

定額制のスケルトンリフォームなら:CORETTO

長く、そして快適に住むために京都でリフォームをするなら、まずは業者さんに相談してみてくださいね!リフォームでキレイな家をてにいれましょう。